定期イベント

原宿サムライ "The Art of Raw"

インターネットやゲーム機などのバーチャル全盛時代だからこそ、生演奏・実演にこだわりジャンルを問わず面白いものを紹介してます。入場は無料、良ければ投げ銭。新しい文化発信を目指します。
出演者募集中

田辺 秀樹 (一橋大学名誉教授) 講座

主にオペレッタ (ウィーンのオペレッタ) の面白さについてお話します。いろいろなビデオ映像を紹介しながら、いくつかの作品の選り抜きの場面を楽しみます。ピアノ演奏では、さまざまなオペレッタの名旋律を弾かせていただきます。

  • 2ヶ月に1回
  • 参加費:3500円 (ワイン、お茶、おつまみが付きます)
田辺秀樹 (タナベ ヒデキ)
1948年東京生まれ。東京大学大学院ドイツ文学科修士課程修了。
ボン大学に留学し、ドイツ、オーストリア各地でオペラ見物やコンサート通いに精を出す。専門はドイツ語・音楽文化論。研究対象はモーツァルト、ドイツ語圏の歌曲、歌劇、芸能など。音楽評論、放送番組解説でも活動、秘かに「酒席ピアニスト」としても活躍している。
著書に「モーツアルト」 (新潮文庫)、「モーツァルト16の扉」 (小学館)。
「リヒャルト・シュトラウスの実像」 (共著・音楽之友社) ほか。

写真:田辺秀樹

江端 津也子 (ピアニスト)

モーツァルト・セミナー  ~LPレコードとピアノ生演奏で繋ぐモーツァルトの人と作品~

最初期のメヌエットやロンドン帳など、モーツァルトが5才の頃から作曲した選りすぐりの作品を演奏いたします。同じ作品を、チェンバロやオーケストラで演奏しているLPレコードとの聴き比べも試みます。1756年1月27日ザルツブルクで誕生したモーツァルト。260年以上の時を経てなお、人々の心を魅了し続ける彼の作品の原点に迫ります。
カーサ・モーツァルト秘蔵の貴重なLPレコードと生演奏ピアノ曲を聴きながら、シリーズでモーツァルトの魅力を年代を追ってひもといていきます。初期のクラヴィーア曲など、コンサートで聴く機会の少ない小品の数々。そこには、彼の傑作に後に現れる宝石の原点が隠れています。少ない音の中にも幼いモーツァルトの才能は、着実に脈うっているのです。
カーサ・モーツァルト設立者中村真氏が自らヨーロッパや国内でコレクションした貴重なLPをカーサ・モーツァルトのサロンにて鑑賞し、講師の江端津也子のお話とピアノ曲の生演奏と共にお楽しみいただきます。カーサ・モーツァルト設立に真氏と共に力を尽くされた夫人の中村澄枝氏にもお話を伺います。サロン開場の秘話、レコード収集の裏話も必聴です。
モーツァルトの35年の生涯と作品を、幼少期から順を追って見つめていくことによって、モーツァルトをより親しい存在として聴いていただくことが出来れば大変嬉しく存じます。

ひと味違ったピアノレッスン

カーサ・モーツァルトでピアノの魅力に触れてみませんか?
初めてピアノを弾いてみたい方、懐かしい曲を思い出したい方、連弾を体験してみたい方など、クラシックの曲を中心とした個人レッスンです。演奏と指導経験を重ねた講師が、ベヒシュタインのグランドピアノを使ってひと味違ったピアノレッスンを展開します。

江端津也子 (エバタツヤコ)
都立芸術高校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科卒。同大学院ピアノ専攻修了。
ピアノを安川加寿子氏、奥村洋子氏に、室内楽をピュイグーロジェ氏に師事。
第22回日本学生音楽コンクール入賞。ウィーン国立音大国際ゼミナールコンクール第1位。リサイタル、サロンコンサートシリーズ、NHK FM出演、ポーランド大使館にて招聘演奏、ソロ、室内楽、伴奏に活躍。ピアノ、ソルフェージュ、リトミックの指導にも長年携わる。

写真:江端津也子

大城みほ (ソプラノ) & 大谷環 (ギター)

ロマニリョスとうたうシューベルト

時代を超えて生き続ける名曲だけを厳選してお贈りするコンサート
名器ロマニリョスの金の音と銀の声のソプラノとのデュオによるシリーズです。
「私たちは音楽で“心休まるひととき”を作ろうと考えています。」みほ&大谷環

作曲家の息づかいの中で繰り広げられる、至高のアンサンブルをお楽しみください!ドイツロマン派の昇華ともいえるドイツ歌曲の数々を中心に、活発な演奏活動を続けているみほ&大谷環のお二人。ギターと歌という、クラシックの世界ではありそうでないアンサンブルの形は、元を辿ればシューベルトが生きた時代にギターの爆発的な普及で、当時の音楽愛好家を中心にもてはやされるようになりました。その頃までに、シューベルトやレーヴェ等の作曲家たちの手によって、より人間の内面を表現するような指向を持った音楽に変化していたドイツ歌曲は、ギターとの邂逅により、原曲のピアノ伴奏とは一味違った「親近感」を際立たせていきました。お二人の演奏には私たちが知っているより、更に親密なシューベルトの姿が佇んでいます。環さんの訥々として雄弁なギターに、艶やかな装いのみほさんのソプラノが寄り添うとき、そこには時空を超えた「菩提樹」の葉擦れの音が、密やかに、しかしはっきりと漂ってくることでしょう。   久住庄一郎 (千葉大学教授・声楽家)

  • 3~4ヶ月に1回
みほ&大谷環
ソプラノとクラシックギターのデュオ。2000年に結成。全国各地での公演のほか、都内にて10回のリサイタルを開催。CD「エスパーニャ」「月に寄す」「Tranquillo」他リリース。
大城みほ (オオシロミホ) soprano
武蔵野音楽大学声楽科卒業。プロ合唱団所属後フリー。各地でのホール、音楽サロン等のコンサートに多数出演のほか、テレビ、ラジオ、CD、映画音楽、教科書教材等の製作にも多数参画。第九、メサイア等のソリストも務める。世界九カ国の歌を原語で演奏。演奏活動は「みほ&大谷環」「UTAUD」ほかアンサンブルを軸として幅広く展開。撥弦楽器をこよなく愛し、2012年よりギター、ウード、リュート、琵琶、ソプラノの共演による「月の沙漠コンサート」シリーズを企画、演奏、主宰。
→ Soprano Miho Oshiro official homepage
大谷環 (オオタニタマキ) guitar
作曲家菅原明朗に音楽との関わり方を学ぶ。その後スペインに7年間滞在し、王立音楽院ギター科主任教授のホセ・ルイス・ロドリゴに師事するかたわら、イタリアではオスカル・ギリアの指南をあおいだ。グラナダにおけるアンドレス・セゴビアの講習会に参加し、直接レッスンを受ける。帰国後は毎年の定期的なソロ・コンサート (26回) をベースにして歌をはじめとして、様々な楽器とのアンサンブルも行っている。ジーアンドエム社から「ギターのためのシンプルメソード」をはじめ、新しいアイディアで選曲・編曲されたソロ・デュオの楽譜の出版を続けている。またソロCD「鳥の歌」「mono」などがある。
→ 大谷ギター音楽教室

写真:みほ&大谷環

Ayuo (ヴォーカル、ギター、ブズーキの演奏者。作詞・作曲家)

Ayuoのオープン・チューニング・ギターと英語歌のワークショップ    → English

こちらでは正しい発音の英語歌も同時に教えています。英語歌のみの参加も可能です。必要なヴォイス・トレーニングも教えます。
キャロル・キングと共に代表的なアメリカ大陸の女流シンガーソングライター、ジョニ・ミッチェルの曲、ピンク・フロイドのシド・バレット、エリック・クラプトン、MyBloody Valentine、ハワイアンの曲も数曲教えています。

~オープン・チューニング・ギターとは?~
オープン・チューニング・ギターはウクレレの感覚で弾けるギターです。普通の調弦ではなく、直接コード等に調弦を変えて弾くギターの事です。調弦を変えると独特の楽器に変わります。ジョニ・ミッチェルのように子供の頃ポリオという手が動きにくくなる病気になった人でも、ジャズやボサノバの複雑なコードを調弦をかえることによって簡単に押さえています。もちろん、パット・メセニーのような偉大なジャズ・プレイヤーは、オープン・チューニング・ギターでさらに演奏スタイルを広げています。ニック・ドレイク、キース・リチャード、リチャード・トンプソン、ソニック・ユースなどが有名なプレーヤーです。また、ブルース、ロック、英国トラッド、ケルト音楽、古楽の曲でも使われています。日本では数少ない演奏者の中でもAyuoは1970年代から数多くのCDでオープン・チューニング・ギターを演奏しています。
→ Ayuoの映像インタビューとオープン・チューニング・ギターのデモンストレーション
カーサ・モーツァルトではAyuoオープン・チューニング・ギターと英語歌のワークショップを開催します。アコースティック・ギター、フォーク・ギターかあるいはガット・ギターであれば安価なギターでも大丈夫です (エレクトリックは使えません)。
→ 今まで教えた曲は全て、このyoutubeのプレイリストで聴けます!

ギターを持ってくる方も、お持ちでない方も、見て聞いて楽しむ方も大歓迎です。まったくの初心者でも安心して楽しんでいただける内容になっています。

  • 毎月 第1火曜日 (20:00~21:30)  参加費:3500円 (ワンドリンク付き)  講師/演奏 : Ayuo
  • 初めての方は「お試し価格 1500円」
Ayuo - 高橋鮎生 - (タカハシアユオ)
イスラム圏の継父、日本人の母のもと3歳から17歳までニューヨークで過ごす。母の友人である横尾忠則、篠山紀信、小澤征爾等に連れられ多くのロック・コンサートを体験。デヴィッド・ボウイ、ルー・リード、ピーター・ガブリエルの影響を受け文学、哲学と音楽の総合作品を作り出す。自分の思想を言葉や詩にして台本を書き、それを歌、朗読、楽器演奏と動きで表現するパフォーマー。神話、昔話しから近年の文学からも題材にして作品を作り続けている。
現在まで18枚のアルバムを日米で発表。共演者はカルロス・アローマー (デヴィッド・ボウイのバンド・リーダー)、ジョン・ゾーン、ピーター・ハミル、デヴィッド・ロード (ピーター・ガブリエル、XTC等のプロデューサー)、坂本龍一、太田裕美、EPO等。また、プロデューサー・コーディネーター・音楽演奏家として、ポール・マッカートニー、ロバート・プラントのバック・ミュージシャン等多くのスタジオ・ミュージシャンと仕事をしている。映画『フラ・ガール』を監督した李相日の長編映画『ボーダーライン』等の作曲を担当。コンテンポラリーダンス、演劇、バレエにも多くの音楽作品や台本を提供している。近年ではダンスと演劇的な要素を混ぜた音楽劇や室内楽の作品を発表している。音楽、文学、映画、歴史、神話と科学についての執筆の依頼多数。
代表アルバム:『Earth Guitar (ジャケット・アート横尾忠則)』、『Eurasian Journey (ジャケット・アート横尾忠則)』、『Nova Carmina』、『AOI』、『Red Moon』、『絵の中の姿』、『dna』
→ オフィシャルウェブサイト   → ブログ   → YouTubeチャンネル

写真:Ayuo

青山 雅明 (倍音音楽家、虚無僧尺八奏者)

倍音発声法と法竹のワークショップ    → English

倍音発声法では、トゥバ共和国に伝わる倍音歌唱法ホーメイを中心に様々な喉の使い方を体験してみましょう。今までに体験した事のない感覚に喉や聴覚が開かれてゆきます。

竹の節を抜いただけの限りなく自然に近い、地無し尺八【法竹】を吹いてみましょう。自然の竹に息を吹き込む事により、柔らかく無理のないゆったりとした呼吸が自然に身につきます。自分の息が竹を通してフィードバックされる感覚はとても心地よいです。呼吸を見つめ竹と対話してみましょう。

青山雅明 (アオヤママサアキ)
12歳よりギターを弾き始め音楽活動を開始。プログレッシブロック、ブラジル音楽、ブルース、ノイズ、60's~70'Sのロック、ソウルに影響を受ける。
ホーメイ、ホーミィ、ディジュリドゥ、エレキシタール、口琴法竹、オープンチューニングギター、インディアンフルート、カリンバなど演奏します。
→ aoyama masaaki diary

写真:青山雅明

一音禅  "ittonzen"  (古典尺八体験)

古典尺八とは竹を切り穴を開けただけの簡素な作りで、江戸時代に虚無僧だけが吹くことを許されていました。精神を集中して吹くことで瞑想のような感じに包まれます。竹の持つ自然な音色をお楽しみください。

古典尺八(地無し管)作り

  • 14:00~18:00 出入り自由 (一音禅同日)
  • 竹材をお持ちの方はお持ちください (竹材の用意あります 5000円~)
  • 工具使用料1000円

Ancient Shakuhachi Experience

The Ansient shakuhachi is simple making just cutting bamboo and opening holes.
During the Edo Period, only Komusou (a mendicant Zen priest) were allowed to play. By concentrating the spirit and breathing in, you will feel like a meditation. Please enjoy the natural sound of bamboo.

Page Top